2018年度「古事記講座」第5回【清水義久気功教室 上級クラス 気と意識・波動の技術】 | エヴァクリエイトショップ

1/1

2018年度「古事記講座」第5回【清水義久気功教室 上級クラス 気と意識・波動の技術】

¥27,500 税込

残り1点

この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

【テキスト・画像等の無断転載・複製・禁止】

開催日:2018.7.29
●金運革命の隠しセッティング
●3つの視力の使い分け。・目を開ける・目を閉じる・半眼または遠目
●夢見の技を継承している人達
●宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』は、人類史上、最高傑作のドリーミング
●オーラには過去と未来が入っていない
●古事記の講座を通して伝えたいのは、日本民族の霊性と神々との出会い
●エネルギーは多重構造。過去と未来がないといけない
●金運は、あの世からこちら側に持ち込む夢見の技
●ツイてないと思う時は、憑いている
●本質的なエネルギーは、時のエネルギーであって空間ではない
●全ての不幸を消す技
●エネルギーは、何で困っているかを読む
●真言宗の物語
●「コソタクマヤタク」全ての方位除けと干支暦を無効化する運命離脱法
●人生は思い通りになると考えている理由
●古事記とタロットカードのマジシャンは表と裏
●メンタルヒーリングのワーク
●神の無限の豊かさを受け取れないのは、物質の三要素の液体レベルが抜けているから
●水を黄金色に変えるのではなく、神の光が黄金の水になる
●お金持ちになれないのは、お金持ちだと思えないから
●神道の極意は、「素直」
●メンタル体の使い方
●天津祝詞の太祝詞事
●エーテル体、アストラル体、メンタル体の三層構造の世界に持ち込む
●離婚式のやり方
●古事記は、宇宙を再生する音声エネルギーを唱えるだけで呼び出せるように仕込んである
●諸星大二郎の「妖怪ハンター」の中で、古事記を音読していた
●ゼロからやり直す力を用意出来るのは古事記だけ
●十干十二支は気功をやる為に作り出した文字
●四大文明の発祥は宇宙人の元が違う
●テレポーテーションの話
●日本の核心は空っぽの卵
●古事記にあるのは、未来に繋ごうとする天の意思
●アストラル体の一部の潜在意識にデータとしてバックアップされたままの例
●この世の全ての不幸は霊障
●YES or NO審神者の能力
●神道では、人間の命が神様。そうなれない時は、汚れが三重構造でついている
●金運革命のアイデア
●樹木希林さんが言った凄い話
●伝授:審神者の能力YES or NOの覚醒

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥27,500 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品